広告バナー

広告バナー
イラストソフトは何がいいの?

パソコンで絵を書くためには制作をするソフトが必要になります。はじめは無料のものをダウンロードして試しに使ってみましょう。
ここでは、よく使われている無料や有料のイラストソフトをまとめてみました。

無料イラストソフト

CloudAlpaca

CloudAlpace

シンプルで見やすく、機能満載。無料ながら使いやすいです。
使っているユーザーも多く、無料ソフトの中でも今最も勢いがあります。WindowsのみならずMacでも使用できるので、Macユーザー必見です。文字入れ機能や加工機能、また漫画原稿作成など、このソフト一本で結構なんでもできてしまうのも魅力です。バージョンアップも頻繁にされてるので、今後の期待も高まります。

公式サイト:http://cloudalpaca.com/

FireAlpaca

FireAlpaca

Windows / Mac OS対応のペイントソフト。
徹底したシンプルUI で使いやすいです。ペンタブレットに対応(筆圧、手ぶれ補正)。
集中線やパース取りなどの支援機能があり作画にとても役立ちます。
スペックの低いPCでも動作が軽い、というのも初心者には高評価。


公式サイト:http://firealpaca.com/

Pixia

Pixia

何年も前からある多機能なペイントソフトで、インターフェースが少々独特なため使いずらそうな印象ですが、慣れてしまえば比較的扱いやすいソフトです。こちらも多くのユーザーが使用しています。ペンの種類が豊富で、線を描くのに適しているのでなめらかな線を描くことができます。お絵かきするための機能は十分あるので、慣れてしまえば思い通りの絵が描けるはずです。

公式サイト:http://www.pixia.jp

PictBear

PictBear

初めての人でも分かりやすく、操作マニュアルもいらないくらい簡単に使用できます。
しかし、線はほかの無料ソフトよりも綺麗ではないので、線画には向いていませんが、簡単に直線や曲線を出せるところは便利です。
初心者にもおすすめのソフトです。

公式サイト:http://www.fenrir-inc.com/jp/pictbear/

AzPainter2

AzPainter2

小窓ウインドウが数多く出るので少しごちゃごちゃしてますが、手軽に使いやすい軽量ペイントソフトです。小さめのサイズで手軽に描くイラストやドット編集、レタッチなどに特化しています。
※2011/11/22:Windows版の全ソフトウェアの開発とサポートを終了しています。

公式サイト:http://hp.vector.co.jp/authors/VA033749/soft/azpainter2.html

無料お絵かきソフト比較表

名称 CloudAlpaca FireAlpaca Pixia AzPainter2 PictBear
基本画面の見やすさ
線画の描きやすさ
ブラシの充実度
加工
文字入れ あり あり あり あり

あり

直線、曲線ツール
対応OS Windows,MAC対応、

WinXP/Vista/7/8

Windows,MAC対応、

WinXP/Vista/7/8

WinXP/7/8 WinXPで確認済み。

Win7,64bit動作しました。

Win95/98/Vista/XP/

Me/2000/7

有料イラストソフト

ペイントツールSAI

ペイントツールSAI

無料試用期間31日/価格:5,250円

基本画面や機能がシンプルで使いやすく、線を描くのにとても優れたソフトです。
描き味、ソフトの軽さ、手ブレ補正、パスツールの使いやすさが特徴です。
図形描画ツールやテキスト入力ツール、特殊効果フィルターのような画像編集向けの機能はほとんど備わっていない為仕上げには別のソフトを使用する場合もあります。

公式サイト:http://www.systemax.jp/ja/sai/

CLIP STDIO

CLIP STDIO

体験版は30日。Win/Macダウンロード版5,000円

イラストを描くならpro、漫画を描くならEXがおすすめです。
細かい塗の古紙を手早く塗りつぶす機能や、パース・同心円・平行線・放射線定規も完備しています。SAIより少々処理が重いですが、ペンカスタムの自由度はPhotoshopやSAIよりも上です。また3Dデッサン人形を下絵として活用できるのは便利です。公式サイトの講座が充実しているので、非常に詳細な機能解説やイラスト口座が公開されているので要チェックです。

公式サイト:http://www.portalgraphics.net/oc/

openCanvas

openCanvas

無料試用期間は30日(一部機能制限あり)。 正式版シリアルは5,800円。

SAIにはないフィルタ機能(40種)やオリジナルのトーン制作機能、漫画のような集中線・スピード線がかける定規、簡単にパースが取れるグリッド付きパース定規、テキストツールがあります。描いた手順を記録・再生する「イベント機能」というものがあり、メイキング動画の公開も可能です。

公式サイト:http://www.systemax.jp/ja/sai/

Painter

Painter

無料体験版は30日/定価62,790円~

PhotoshopやSAIで表現が難しい混色系イラスト(水彩、油彩系など)が得意で、
本物のアナログ絵と見紛うほどのアナログ再現率が凄いです。豊富なブラシ種類があり、詳細なブラシカスタマイズが可能です。キャンバスの凹凸に沿って流れる絵の具、乾かすタイミングなど、どこまでもアナログを再現・追及出来ます。

公式サイト:http://www.painterartist.com/jp/product/paint-program/

Photoshop

Photoshop

無償体験版は30日/月額980円~

世界最高峰のデジタル画像編集ソフトで、プロの現場では必須と言って過言ではありません。本来は画像編集のためのものなのですが、イラストのために使用する人もいます。 機能も充実している分、使いこなすことが難しいです。

公式サイト:http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html